防爆タブレットの専門メディア|防タブDX » 防爆タブレットが活躍している業界 » 電力・エネルギー業界

電力・エネルギー業界

電力・エネルギー業界において、スムーズな業務や現場作業の効率化にタブレットが活用されています。このページでは、電力・エネルギー業界でのタブレット導入事例やメリットなどについて解説します。

電力・エネルギー業界で使用されているタブレット

工事巡回における図面表示

工事巡回の際に図面を表示するときなども、タブレットが活用されています。作業をする人がタブレットで現場図面や作業指示をリアルタイムで確認できるため、効率的に作業を進めることが可能です。

図面の表示や変更履歴の確認が正確で簡単になったため、作業ミスのリスクが低くなりました。また、タブレットを活用することでデータの共有などもスムーズに行われるため、作業効率が向上します。

報告書の作成

タブレットを活用すると、現場で報告書などの作成が行える所もメリットです。現場のデータや観測結果をリアルタイムで取得し、報告書を効率的に作成することができます。

データの整理や分析も簡単に行えるため報告書の作成プロセスがスムーズになり、人的コストや時間の節約にも繋がっています。

タブレットで使用材料を確認

タブレットは使用材料の確認にも活用されています。素材や部品の仕様や在庫情報をリアルタイムで確認できるため、作業効率が向上し、正確な材料の選定や補充を素早く行える点などがメリットです。

また、データの一元化と共有がしやすくなり、誤った材料の使用や在庫不足などのリスクを軽減することができます。

DX化が進み注目されている
防爆タブレット

電力・エネルギー業界でもデジタルトランスフォーメーション(DX)が進んでおり、タブレットの導入はさまざまなメリットをもたらします。作業現場でのタブレット活用により作業効率が向上し、情報のリアルタイムな共有も可能です。データの一元化や正確な仕様の確認によって、作業ミスや遅延のリスクを軽減することができます。

また、保守点検やデータ解析によるエネルギー効率の最適化も実現可能です。これにより、電力・エネルギー業界において生産性の向上や効率改善に大きな貢献が期待されます。

防爆について
詳しく知りたいなら

「防爆とは」「防爆構造とは」といった基礎知識や、防爆タブレットの選び方について紹介しています。初めて防爆タブレットという単語を耳にした方、もっと詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

防爆に関する基礎知識を確認する

電力・エネルギー業界の導入事例

電力・エネルギー業界におけるタブレットの導入事例は多岐にわたります。一例では、タブレットを活用して機器の遠隔監視を行い、効率的な運用管理を行なっている発電所もあるようです。

また、送電線の点検や保守作業においてもタブレットが活躍していて、リアルタイムでデータを収集し、迅速な判断が可能となっています。

さらに、エネルギー効率向上のための情報収集や解析にも活用されていて、効果的な省エネ対策が展開されています。電力・エネルギー業界ではタブレットの活用で作業効率の向上や運用管理の最適化が実現され、持続可能なエネルギー社会に貢献しています。

参照:東京電力、火力発電所の設備点検にタブレット導入(https://businessnetwork.jp/article/4524/)

まとめ

電力・エネルギー業界におけるタブレットの活用は、効率化と安全性の向上に大きく役立っています。タブレットを使用することで現場での作業効率が向上し、リアルタイムの情報共有が可能となりました。

さらに、防爆性能を備えたタブレットの導入により、作業環境の安全性も高まっています。電力・エネルギー業界でのタブレット活用は未来のデジタルトランスフォーメーションを示す一例であり、他の業界にも応用の可能性があります。詳細は他のページも参考にしてみてください。

「国内防爆検定」合格の
おすすめの防爆タブレット3選を見る

製品特徴から現場に適した1台を選ぶ
おすすめの防爆タブレット3選

防爆タブレットを選ぶ際には重要な3つのポイントがあります。

  • 国内の防爆基準「国内防爆検定」に合格していること
  • 業務との互換性が高く作業効率が上がるOSであること
  • 価格や保証などへの信頼性が高い国内正規代理店であること
ここでは、3つのポイントすべてをクリアした防爆タブレットを、製品の特徴別に紹介しています。

操作性が高く使いやすい
高性能タッチパネル
ワンタッチボタン
サクサク動くタブレット
Getac(ジータック)
「UX10-EX」
(日本ノヴァシステム)
Getac(ジータック)「UX10-EX」(日本ノヴァシステム)
画像引用元:日本ノヴァシステム株式会社公式HP
https://jnovas.com/product-list/ux10-ex/
利用シーン
  • 屋外などの画面が見づらい場所でもミスなく確実に操作したい時
  • カメラやバーコードリーダーなど様々なツールを頻繁に使用する現場での利用
防爆性能:ZONE 2 対応

「UX10-EX」の
製品特徴やスペックを
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

製品特徴を詳しく見る

画面が大きくて見やすい
11.6インチの⼤画⾯で
隅々まで確認できる
タブレット
ピーアンドエフ
「Pad-Ex 01」
(ジャパンマシナリー)
ピーアンドエフ「Pad-Ex 01」(ジャパンマシナリー)
画像引用元:ジャパンマシナリー株式会社公式HP
https://www.jmc.asia/products/pad-ex/
利用シーン
  • 拡大できないツールの細かい数値を確認したい時
  • 11インチ仕様のアプリを使用している現場での利用
防爆性能:ZONE 2 対応

「Pad-Ex 01」の
製品特徴やスペックを
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

製品特徴を詳しく見る

常に危険な場所で使える
堅牢性が求められる
防爆ZONE 1
対応しているタブレット
Aegex Technologies
(エイジェックス・テクノロジーズ)
「aegex10」
(ビーエヌテクノロジー)
Aegex Technologies(エイジェックス・テクノロジーズ)「aegex10」(ビーエヌテクノロジー)
画像引用元:エイジェックス・テクノロジーズ公式HP
https://aegex.com/solutions/aegex10-intrinsically-safe-tablet
利用シーン
  • 爆発性ガスが常に集積する場所で使う時
  • ZONE 1とZONE 2の移動が頻繁にあり使い分けが難しい現場での利用
防爆性能:ZONE 1 対応

「aegex10」の
製品特徴やスペックを
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

製品特徴を詳しく見る

※選定基準
2023年4月6日時点、Google検索にて「防爆 タブレット」「防爆タブレット メーカー」「防爆タブレット 販売代理店」と検索し、防爆タブレットの製品ページの確認ができた25社を調査。
そのうち国内の代理店から購入できる製品の中から「国内防爆検定合格」と公式サイトに記載があり、PCとの互換性が高いWindowsをOSにもつ製品は3製品のみでした。それらを各製品の国内正規代理店とともに紹介しています。
Getac「UX10-EX」:調査した中で提供しているCPUが豊富でサイドにツールボタンがあり自社に合わせたカスタマイズが豊富な点から、操作性が高く使いやすい製品として紹介。
ピーアンドエフ「Pad-Ex 01」:調査した中で最もサイズが大きい点から、画面が大きくて見やすい製品として紹介。
Aegex Technologies「aegex10」:調査した中で唯一ZONE1に対応している点から、常に危険な場所でも使える製品として紹介。
※編集チーム調べ

高い操作性で選ばれている
Getac「UX10-EX」の
特徴と代理店を紹介