防爆タブレットの専門メディア|防タブDX » 防爆タブレットを扱うメーカー一覧 » パナソニック(Panasonic)

パナソニック(Panasonic)

家電、電気設備、デバイスなどの開発・製造・販売を行っているパナソニック。国内外に多くの拠点があり世界的にもメジャーな同社が開発し、注目を浴びているのが「TOUGHPAD(タフパッド)」です。

2015年の化学およびプロセス産業用プラントの展示会「プラントショー2015」に出展され、同年10月より国内法人向けに発売しています。

パナソニック(Panasonic)の特徴

日本を代表する企業のひとつでもあるパナソニック(Panasonic)は、家電をはじめ、空室空調、食品流通、電気設備、デバイスなどの分野で開発・製造・販売を行っています。

国内をはじめアジアを中心に北米、南米、欧州、中近東、アフリカへ169拠点あり、そのネットワークを活かして人・社会・地球への貢献を目指しています。

従来の防塵・防滴タブレット「FZ-E1」「FZ-X1」シリーズを帯電防止構造へ変更などによる国内防爆検定取得モデルとしたもので、従来機器では使用不可だった大型プラントや化学・製薬工場などの防爆エリアでも使用できるようになりました。

パナソニック(Panasonic)の製品情報

TOUGHPAD(タフパッド)

引用元:価格.com(https://news.kakaku.com/prdnews/cd=pc/ctcd=0030/id=51564/)

ガス爆発リスクのある防爆エリアでも利用できる、国内防爆検定を取得したタブレットPCです。Windows Embedded 8.1、Handheld Update 2モデルの「FZ-E1BDCBACJ」「FZ-E1BKCBACJ」と、Android™ 4.2.2モデル「FZ-X1ADABACJ」「FZ-X1AKABACJ」の4機種があります。従来品から帯電防止構造への変更などを行い、大型プラントや化学・製薬工場などでも使用可能となりました。

操作モードを切り替えれば、手袋をしたままや水滴がついたままでも画面タッチ操作ができます。NTTドコモとau網のLTE/3G回線に対応しているほか、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN規格にも対応し、音声通話とデータ通信が可能です。

スペック

OS Windows Embedded 8.1 Handheld Update2、Android™ 4.2.2
CPU Qualcomm® MSM8974AB (2.3 GHz) Quad Core、Qualcomm® APQ8064T (1.7 GHz) Quad Core
メモリー RAM:2 GB フラッシュメモリー:32 GB
ストレージ RAM:2 GB フラッシュメモリー:32 GB
画面サイズ/ディスプレイ 5型 HD (16:9)/ 1280×720ドット
カメラ画像 リアカメラ:800万画素(夜間撮影用高輝度フォトライト搭載)、フロントカメラ:130万画素
通信規格 LTE / HSPA / WCDMA、LTE / CDMA2000 / 1xEV-DO、LTE / HSPA / WCDMA、LTE / CDMA2000 / 1xEV-DO
外寸/重量 幅 約101 mm×奥行 約188 mm×厚み 約45 mm(ハンドストラップ部除く)/*約600 g(ケース装着時)
最長稼働時間 約 14時間(待ち受け約1000時間)
バッテリー リチウムイオン 容量:6200 mAh
オプションパーツの内容 クレードル、クレードル(4連式)、バッテリーパック、バッテリーチャージャー、ACアダプター
無料貸出機の有無 記載なし
価格 記載なし

動作環境

IP規格・対堅牢性 IP54準拠
動作温度 -20℃~40℃
動作湿度 30% RH~80% RH(結露なきこと)
動作高度 記載なし
現場に適した防爆タブレットを
導入するなら

導入することでDX化にもつながり、爆発の危険性がある場所でも安心・安全に使用できる防爆タブレット。トップページでは、防爆タブレットを選ぶ際に重要な3つのポイントおすすめの防爆タブレットを紹介しているので、導入の参考にしてください。

【25社・8メーカーから厳選】
おすすめの防爆タブレット3選を見る

パナソニック(Panasonic)の基本情報

会社名 パナソニック株式会社
本社所在地 東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル
電話番号 記載なし
公式HP https://www.panasonic.com/jp/about.html
製品特徴から現場に適した1台を選ぶ
おすすめの防爆タブレット3選

防爆タブレットを選ぶ際には重要な3つのポイントがあります。

  • 国内の防爆基準「国内防爆検定」に合格していること
  • 業務との互換性が高く作業効率が上がるOSであること
  • 価格や保証などへの信頼性が高い国内正規代理店であること
ここでは、3つのポイントすべてをクリアした防爆タブレットを、製品の特徴別に紹介しています。

操作性が高く使いやすい
高性能タッチパネル
ワンタッチボタン
サクサク動くタブレット
Getac(ジータック)
「UX10-EX」
(日本ノヴァシステム)
Getac(ジータック)「UX10-EX」(日本ノヴァシステム)
画像引用元:日本ノヴァシステム株式会社公式HP
https://jnovas.com/product-list/ux10-ex/
利用シーン
  • 屋外などの画面が見づらい場所でもミスなく確実に操作したい時
  • カメラやバーコードリーダーなど様々なツールを頻繁に使用する現場での利用
防爆性能:ZONE 2 対応

「UX10-EX」の
製品特徴やスペックを
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

製品特徴を詳しく見る

画面が大きくて見やすい
11.6インチの⼤画⾯で
隅々まで確認できる
タブレット
ピーアンドエフ
「Pad-Ex 01」
(ジャパンマシナリー)
ピーアンドエフ「Pad-Ex 01」(ジャパンマシナリー)
画像引用元:ジャパンマシナリー株式会社公式HP
https://www.jmc.asia/products/pad-ex/
利用シーン
  • 拡大できないツールの細かい数値を確認したい時
  • 11インチ仕様のアプリを使用している現場での利用
防爆性能:ZONE 2 対応

「Pad-Ex 01」の
製品特徴やスペックを
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

製品特徴を詳しく見る

常に危険な場所で使える
堅牢性が求められる
防爆ZONE 1
対応しているタブレット
Aegex Technologies
(エイジェックス・テクノロジーズ)
「aegex10」
(ビーエヌテクノロジー)
Aegex Technologies(エイジェックス・テクノロジーズ)「aegex10」(ビーエヌテクノロジー)
画像引用元:エイジェックス・テクノロジーズ公式HP
https://aegex.com/solutions/aegex10-intrinsically-safe-tablet
利用シーン
  • 爆発性ガスが常に集積する場所で使う時
  • ZONE 1とZONE 2の移動が頻繁にあり使い分けが難しい現場での利用
防爆性能:ZONE 1 対応

「aegex10」の
製品特徴やスペックを
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

製品特徴を詳しく見る

※選定基準
2023年4月6日時点、Google検索にて「防爆 タブレット」「防爆タブレット メーカー」「防爆タブレット 販売代理店」と検索し、防爆タブレットの製品ページの確認ができた25社を調査。
そのうち国内の代理店から購入できる製品の中から「国内防爆検定合格」と公式サイトに記載があり、PCとの互換性が高いWindowsをOSにもつ製品は3製品のみでした。それらを各製品の国内正規代理店とともに紹介しています。
Getac「UX10-EX」:調査した中で提供しているCPUが豊富でサイドにツールボタンがあり自社に合わせたカスタマイズが豊富な点から、操作性が高く使いやすい製品として紹介。
ピーアンドエフ「Pad-Ex 01」:調査した中で最もサイズが大きい点から、画面が大きくて見やすい製品として紹介。
Aegex Technologies「aegex10」:調査した中で唯一ZONE1に対応している点から、常に危険な場所でも使える製品として紹介。
※編集チーム調べ

高い操作性で選ばれている
Getac「UX10-EX」の
特徴と代理店を紹介