防爆タブレットの専門メディア|防タブDX » OS別にみる防爆タブレット一覧 » Windowsに対応している防爆タブレット

Windowsに対応している防爆タブレット

防爆タブレットを導入するにあたって、どのOSを搭載した製品を選ぶべきか悩んでいる方は少なくないと思います。そこで、Windowsタブレットをおすすめしたいケースや、Windowsタブレットのメリットをまとめて解説していきます。

WindowsOSがおすすめの場合

Windowsをおすすめしたいのは、普段使っているPCと同じようにタブレットを使いたい場合。特にWordやExcelといったOfficeアプリをタブレットでも使いたい場合にはWindowsタブレットがおすすめです。

またキーボードを接続してテキストを作成したり、会社で採用しているさまざまなアプリケーションとの互換性を重視したい場合にもWindowsの方が適している場合が多くあります。

OSの製品一覧

UX10-EX

新式CPUや高機能パネルに加えて、サイドにあるワンタッチボタンでカメラやバーコードリーダーなどのツールを瞬時に切り替えられるなどの高い操作性から世界中で導入されている防爆タブレット。ZONE2での利用に対応しています。

aegex10

10.1インチで持ち運びやすく、それでいて十分な画面の大きさがあるタブレット。ZONE1で利用できるほど防爆性能に優れています。手袋をつけたまま操作できるので、現場での操作にストレスを感じにくく済みます。

F110

11.6インチとかなり大きいサイズのタブレットで、ラップトップPCなみの作業のしやすさを確保しながら可搬性も確保されているというもの。LUmibond 25.11テクノロジーを搭載し日光や雨でも見やすい画面、MIL-STC-810H規格の堅牢性など、スペック面でも優れています。

Pad-Ex 01 HR

Windows 10 Proを搭載した防爆PC。最大7時間稼働するバッテリーを搭載していて、デスクトップやラップトップのように使える端末です。IP65規格を満たし、4フィートの落下にも耐えられるなど、タフな設計は過酷な現場にも耐えうるものと言えます。

Pad-Ex 01 P8 DZ

こちらはZONE2で利用できるWindowsタブレット。第8世代Intel Core iプロセッサを搭載し、電力消費を抑えながら最大7時間もつバッテリーで、長時間での作業を可能にしてくれます。4G LTE接続ができるのも見逃せないポイント。

Pad-Ex 01 P8 D2

上のPad-Ex 01 P8 DZ2と比較すると、取得している認証がディビジョン2に絞り込まれているモデル。基本的な性能はほぼ同じで、高いレベルの堅牢性を持ちながら、デスクトップ、ラップトップと同じように利用できる製品です。

WTPE-9E66 Skylake 15"

インテル第6世代 Core i5プロセッサを搭載しており、オフィスにあるデスクトップPCと同じような感覚で操作できる端末です。コネクタパネルがあるので、周辺機器が接続しやすいというメリットも。

WTPE-9E66 Skylake 19"

同じWincomm製で、ディスプレイのサイズが19インチになったもの。タブレットと言うよりも、持ち運びのしやすいデスクトップPCのようになっています。防水・防塵保証で、過酷な状況でも安心して使用できます。

WTPE-9E66 Skylake 22"

ディスプレイサイズは22インチと大画面。WordやExcelといったアプリケーションを、オフィスのPCと同じ感覚で使える端末です。1920x1080のフルHD画面で作業ができるため、防爆エリア内でデータ入力などを行う人には嬉しいサイズではないでしょうか。

Field Xpert SMT70

14時間駆動する大容量バッテリーを搭載した11.6型のタブレットです。エンドレスハウザーや他社のフィールド機器との接続がしやすいように、さまざまなドライバがプレインストールされています。作業の進捗の文書化などに適した仕様となっています。

製品特徴から現場に適した1台を選ぶ
おすすめの防爆タブレット3選

防爆タブレットを選ぶ際には重要な3つのポイントがあります。

  • 国内の防爆基準「国内防爆検定」に合格していること
  • 業務との互換性が高く作業効率が上がるOSであること
  • 価格や保証などへの信頼性が高い国内正規代理店であること
ここでは、3つのポイントすべてをクリアした防爆タブレットを、製品の特徴別に紹介しています。

操作性が高く使いやすい
高性能タッチパネル
ワンタッチボタン
サクサク動くタブレット
Getac(ジータック)
「UX10-EX」
(日本ノヴァシステム)
Getac(ジータック)「UX10-EX」(日本ノヴァシステム)
画像引用元:日本ノヴァシステム株式会社公式HP
https://jnovas.com/product-list/ux10-ex/
利用シーン
  • 屋外などの画面が見づらい場所でもミスなく確実に操作したい時
  • カメラやバーコードリーダーなど様々なツールを頻繁に使用する現場での利用
防爆性能:ZONE 2 対応

「UX10-EX」の
製品特徴やスペックを
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

製品特徴を詳しく見る

画面が大きくて見やすい
11.6インチの⼤画⾯で
隅々まで確認できる
タブレット
ピーアンドエフ
「Pad-Ex 01」
(ジャパンマシナリー)
ピーアンドエフ「Pad-Ex 01」(ジャパンマシナリー)
画像引用元:ジャパンマシナリー株式会社公式HP
https://www.jmc.asia/products/pad-ex/
利用シーン
  • 拡大できないツールの細かい数値を確認したい時
  • 11インチ仕様のアプリを使用している現場での利用
防爆性能:ZONE 2 対応

「Pad-Ex 01」の
製品特徴やスペックを
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

製品特徴を詳しく見る

常に危険な場所で使える
堅牢性が求められる
防爆ZONE 1
対応しているタブレット
Aegex Technologies
(エイジェックス・テクノロジーズ)
「aegex10」
(ビーエヌテクノロジー)
Aegex Technologies(エイジェックス・テクノロジーズ)「aegex10」(ビーエヌテクノロジー)
画像引用元:エイジェックス・テクノロジーズ公式HP
https://aegex.com/solutions/aegex10-intrinsically-safe-tablet
利用シーン
  • 爆発性ガスが常に集積する場所で使う時
  • ZONE 1とZONE 2の移動が頻繁にあり使い分けが難しい現場での利用
防爆性能:ZONE 1 対応

「aegex10」の
製品特徴やスペックを
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

製品特徴を詳しく見る

※選定基準
2023年4月6日時点、Google検索にて「防爆 タブレット」「防爆タブレット メーカー」「防爆タブレット 販売代理店」と検索し、防爆タブレットの製品ページの確認ができた25社を調査。
そのうち国内の代理店から購入できる製品の中から「国内防爆検定合格」と公式サイトに記載があり、PCとの互換性が高いWindowsをOSにもつ製品は3製品のみでした。それらを各製品の国内正規代理店とともに紹介しています。
Getac「UX10-EX」:調査した中で提供しているCPUが豊富でサイドにツールボタンがあり自社に合わせたカスタマイズが豊富な点から、操作性が高く使いやすい製品として紹介。
ピーアンドエフ「Pad-Ex 01」:調査した中で最もサイズが大きい点から、画面が大きくて見やすい製品として紹介。
Aegex Technologies「aegex10」:調査した中で唯一ZONE1に対応している点から、常に危険な場所でも使える製品として紹介。
※編集チーム調べ

高い操作性で選ばれている
Getac「UX10-EX」の
特徴と代理店を紹介