防爆タブレットの専門メディア|防タブDX » 防爆の基礎知識 » 防爆エリアとは

防爆エリアとは

防爆エリアとは

防爆エリアは、ガス蒸気危険場所と粉じん危険場所に分けられます。ガス蒸気危険場所では、可燃性のガスや蒸気の発生が予想されるため、特別な対策が必要です。

一方、粉じん危険場所では、可燃性粉じんの発生が予想されるため、火花や高温物体からの着火を防ぐ対策が求められます。安全確保のためには、それぞれの危険場所に適切な防爆対策を施し、事故や火災のリスクを最小限に抑えることが重要です。

ガス蒸気危険場所

特別危険箇所(0種場所、Zone0)

特別危険箇所(0種場所、Zone0)は、ガス蒸気危険場所の中でも最も危険な場所です。ここでは、連続的かつ頻繁に爆発性雰囲気が生成されるため、高度な防爆対策が必要になります。

可燃性ガスが保管されるタンクや容器内部、可燃性液体の液面上部などが具体的な例です。安全確保のためには、適切な装置や設備の選定、点検や保守の徹底、厳格な作業手順の遵守など、厳重な管理が欠かせません。

第一類危険箇所(1種場所、Zone1)

第一類危険箇所(1種場所、Zone1)は、通常の状態で爆発性雰囲気が存在したり生成される可能性があるエリアです。

具体的な例としては、通常の作業時や点検・修理時において可燃性ガスや蒸気を放出するタンクや容器の開口部付近、または屋内や換気が制限される状況下で可燃性ガスや蒸気が滞留しやすい場所が挙げられます。

第二類危険箇所(2種場所、Zone2)

第二類危険箇所(2種場所、Zone2)は、通常時には爆発性雰囲気が生成される可能性が低いエリアです。爆発性雰囲気が発生する場合でも、その継続時間は短いことが条件となります。

具体的な例としては、劣化や腐敗した配管やパッキンの周辺、容器の破損や装置の操作ミスによって爆発性雰囲気が発生する可能性のある場所、換気装置が故障して爆発性雰囲気を生成しない状態になってしまった場所、また第一類危険箇所(1種場所、Zone1)の周辺や隣接した部屋で爆発性雰囲気が生成される場所が挙げられます。

粉じん危険場所

「粉じん危険場所」とは、多くの粉じんが空気中に浮遊し、火災や爆発のリスクが存在するエリア、または粉じんが蓄積され、浮遊する可能性があるエリアを指します。粉じんには可燃性粉じん(鉄、銅、カーボン、小麦粉、合成樹脂、ゴム、薬品など)と爆発性粉じん(アルミニウム、チタン、マグネシウムなど)があります。

粉じん危険場所は、以下の3つのゾーンに分類されます。 ゾーン20 ゾーン21 ゾーン22 粉じん危険場所には様々な業界や施設があり、食品業の工場や倉庫、金属加工業の工場や倉庫、製紙工場、建材製造工場、化粧品原料工場、製薬工場、花火製作所、ゴムのリサイクル工場、産業廃棄物処理業者の作業場所などがその例です。

防爆エリア(危険場所)の決定要素

ガス蒸気危険場所

放出源の等級 換気度
高換気度 中換気度 低換気度
有効度「良」 有効度「可」 有効度「弱」 有効度「良」 有効度「可」 有効度「弱」 全有効度「良・可・弱」
連続等級放出源 非危険場所 第二類危険箇所 第一類危険箇所 特別危険箇所 特別危険箇所 特別危険箇所 特別危険箇所
第一等級放出源 非危険場所 第二類危険箇所 第二類危険箇所 第一類危険箇所 第一類危険箇所 第一類危険箇所 第一類危険箇所
※条件によっては特別危険場所
第二等級放出源 非危険場所 非危険場所 第二類危険箇所 第二類危険箇所 第二類危険箇所 第二類危険箇所 第一類危険箇所
※条件によっては特別危険場所

参照元:カナデン公式サイト(https://products.kanaden.co.jp/labo/boubaku_top/boubaku_2/)

可燃性物質の放出源の等級

放出源の等級 換気度
高換気度 中換気度 低換気度
有効度「良」 有効度「可」 有効度「弱」 有効度「良」 有効度「可」 有効度「弱」 全有効度「良・可・弱」
連続等級放出源 非危険場所 第二類危険箇所 第一類危険箇所 特別危険箇所 特別危険箇所 特別危険箇所 特別危険箇所
第一等級放出源 非危険場所 第二類危険箇所 第二類危険箇所 第一類危険箇所 第一類危険箇所 第一類危険箇所 第一類危険箇所
※条件によっては特別危険場所
第二等級放出源 非危険場所 非危険場所 第二類危険箇所 第二類危険箇所 第二類危険箇所 第二類危険箇所 第一類危険箇所
※条件によっては特別危険場所

参照元:カナデン公式サイト(https://products.kanaden.co.jp/labo/boubaku_top/boubaku_2/)

換気度

換気度 分類の条件
高換気度
  • 可燃性物質の放出源において、ガスや蒸気の濃度を瞬時に低下させ、爆発が起きてしまう濃度未満に抑えられる
中換気度
  • 可燃性物質の放出が継続する場合でも、ガスや蒸気の濃度の上昇を抑えられる
低換気度
  • 可燃性物質の放出が継続する場合に、ガスや蒸気の濃度の上昇を抑えられない
  • 可燃性物質の放出が停止した後も、長時間にわたって爆発性雰囲気が持続してしまう

参照元:カナデン公式サイト(https://products.kanaden.co.jp/labo/boubaku_top/boubaku_2/)

換気の有効度

換気の有効度 分類の条件
  • 連続的に換気が行われている状態
  • 換気装置による換気(強制換気)の場合、装置が故障したときに予備の換気装置が自動で稼働するように措置を取っている
  • 通常時に換気が行われている状態
  • 短時間/低頻度での換気の停止は許容される
  • 強制換気の場合、装置故障時に換気が停止する場合がある
  • 「良」「可」のどちらでもないが、長時間の換気の停止はない状態
  • 強制換気の場合、通常時に連続ではないものの換気が行われている場合も含まれる
  • 「弱」と分類できない程度の換気の場合、危険場所における換気としては不十分であるため見直しが必要

参照元:カナデン公式サイト(https://products.kanaden.co.jp/labo/boubaku_top/boubaku_2/)

粉じん危険場所

粉じん危険場所 粉じんが空気中に存在する時間目安
ゾーン20 1000時間以上 / 年
ゾーン21 10~1000時間 / 年
ゾーン22 1〜10時間 / 年

参照元:カナデン公式サイト(https://products.kanaden.co.jp/labo/boubaku_top/boubaku_2/)

まとめ

このページでは、防爆エリアの分類と防爆機器の重要性について解説しました。施設内の危険場所が適切に設定されているか確認することが大切です。防爆規格に準拠した日本の防爆機器を使用することで、安全かつ効率的な作業環境を実現できます。

危険場所の分類に基づいて適切な防爆機器を選定し、生産性と安全性を向上させましょう。

製品特徴から現場に適した1台を選ぶ
おすすめの防爆タブレット3選

防爆タブレットを選ぶ際には重要な3つのポイントがあります。

  • 国内の防爆基準「国内防爆検定」に合格していること
  • 業務との互換性が高く作業効率が上がるOSであること
  • 価格や保証などへの信頼性が高い国内正規代理店であること
ここでは、3つのポイントすべてをクリアした防爆タブレットを、製品の特徴別に紹介しています。

操作性が高く使いやすい
高性能タッチパネル
ワンタッチボタン
サクサク動くタブレット
Getac(ジータック)
「UX10-EX」
(日本ノヴァシステム)
Getac(ジータック)「UX10-EX」(日本ノヴァシステム)
画像引用元:日本ノヴァシステム株式会社公式HP
https://jnovas.com/product-list/ux10-ex/
利用シーン
  • 屋外などの画面が見づらい場所でもミスなく確実に操作したい時
  • カメラやバーコードリーダーなど様々なツールを頻繁に使用する現場での利用
防爆性能:ZONE 2 対応

「UX10-EX」の
製品特徴やスペックを
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

製品特徴を詳しく見る

画面が大きくて見やすい
11.6インチの⼤画⾯で
隅々まで確認できる
タブレット
ピーアンドエフ
「Pad-Ex 01」
(ジャパンマシナリー)
ピーアンドエフ「Pad-Ex 01」(ジャパンマシナリー)
画像引用元:ジャパンマシナリー株式会社公式HP
https://www.jmc.asia/products/pad-ex/
利用シーン
  • 拡大できないツールの細かい数値を確認したい時
  • 11インチ仕様のアプリを使用している現場での利用
防爆性能:ZONE 2 対応

「Pad-Ex 01」の
製品特徴やスペックを
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

製品特徴を詳しく見る

常に危険な場所で使える
堅牢性が求められる
防爆ZONE 1
対応しているタブレット
Aegex Technologies
(エイジェックス・テクノロジーズ)
「aegex10」
(ビーエヌテクノロジー)
Aegex Technologies(エイジェックス・テクノロジーズ)「aegex10」(ビーエヌテクノロジー)
画像引用元:エイジェックス・テクノロジーズ公式HP
https://aegex.com/solutions/aegex10-intrinsically-safe-tablet
利用シーン
  • 爆発性ガスが常に集積する場所で使う時
  • ZONE 1とZONE 2の移動が頻繁にあり使い分けが難しい現場での利用
防爆性能:ZONE 1 対応

「aegex10」の
製品特徴やスペックを
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

製品特徴を詳しく見る

※選定基準
2023年4月6日時点、Google検索にて「防爆 タブレット」「防爆タブレット メーカー」「防爆タブレット 販売代理店」と検索し、防爆タブレットの製品ページの確認ができた25社を調査。
そのうち国内の代理店から購入できる製品の中から「国内防爆検定合格」と公式サイトに記載があり、PCとの互換性が高いWindowsをOSにもつ製品は3製品のみでした。それらを各製品の国内正規代理店とともに紹介しています。
Getac「UX10-EX」:調査した中で提供しているCPUが豊富でサイドにツールボタンがあり自社に合わせたカスタマイズが豊富な点から、操作性が高く使いやすい製品として紹介。
ピーアンドエフ「Pad-Ex 01」:調査した中で最もサイズが大きい点から、画面が大きくて見やすい製品として紹介。
Aegex Technologies「aegex10」:調査した中で唯一ZONE1に対応している点から、常に危険な場所でも使える製品として紹介。
※編集チーム調べ

高い操作性で選ばれている
Getac「UX10-EX」の
特徴と代理店を紹介